酸化・還元能力を示す単位

酸化とは物質が電子を失う過程をいい、還元とは物質が電子を得る過程をいいますが、この反応は可逆的に発生します。酸化還元系の溶液に侵されない白金電極と比較電極を入れると、電極の表面と溶液の間に電位が発生します。
これを酸化還元電位(Oxidation−Reduction Potential)(ORP)という。
この値がプラスで大きければ、酸化力が強く、マイナスで大きければ還元力が強いということになります。水素の検査方法としてはポピュラーである。

「酸化する」とは、酸素と化合すること、水素を失うこと、電子を失うことなどと定義されています。
逆に、「還元する」とは、酸素を失うこと、水素を受け取ること、電子を受け取ることなどと定義されます。
この酸化還元電位は、液体に含まれる水素量を測定するのに優れていると考えられていますが、水素以外の還元物質に反応して数値化されることがあるので、正確な水素の数値ではない場合があります。

必要な検体量

食品、食品添加物、飲料水、サプリメント、ペットフード、化粧品 それぞれ30g

分析試験依頼の申し込み

試験検査をご依頼いただく際は,「試験検査見積もり依頼フォーム」に事業者名,ご住所、検体名,分析試験項目などをご入力ください。

御見積や検体量などを、当協会より返信させていただきます。
試験を受ける場合は、検体を必要量、事業者様より当協会へ送付して頂く必要がございます。