pHは、その液体が酸性なのか、アルカリ性なのかを表す尺度で

水素ガス(水素分子)以外の要素を排除して、水素ガス(水素分子)のみを直接、正確に測定できる点です。
一方、水素には、還元作用がありますので、酸化還元電位計や溶存水素計という還元力を一つの指標として数値化することもあります。
この酸化還元電位計や溶存水素計は、液体に含まれる水素量を測定するのに優れていると考えられていますが、水素以外の還元物質に反応して数値化されることがあるので、正確な水素の数値ではない場合があります。

水素ガス量試験の場合は、水素単体の数値を調べるため、正確に水素量を測定することが可能です。

必要な検体量

食品、食品添加物、飲料水、サプリメント それぞれ30g

分析試験依頼の申し込み

試験検査をご依頼いただく際は,「試験検査見積もり依頼フォーム」に事業者名,ご住所、検体名,分析試験項目などをご入力ください。

御見積や検体量などを、当協会より返信させていただきます。
試験を受ける場合は、検体を必要量、事業者様より当協会へ送付して頂く必要がございます。