国際水素規格協会の試験検査製品についてご説明いたします。

試験検査製品について

幅広い年代に必要とされるサプリメントの品質を問い、良品を証明するための検査・評価を行います。

水素製品は玉石混交となり、意見もさまざま。
健康意識の高まりやメディアが提供する情報の影響から、効果実感しやすい健康食品として注目されてきた水素製品。
一方、誇大広告や詐欺など、水素に対し悪い印象を抱かせる業者も少なからず。
水素は無味無臭。また、これまで確立された統計・評価方法がないため購入する消費者も右顧左眄。
成分や含有量が表示どおりに含まれているかは販売元・製造元を信頼するしかないのが実情です。また、原料の安全性にいたっては、一般消費者は確認することができません。

水素関連製品の数値を「見える化」へ

水素製品は、水素の発生方法に種類があります。しかし、同じ水素でも発生方法によっては、効果ないものや水素の発生方法が少ないものもあります。
当協会では、放射能検査など必要な検査・分析はもちろんのこと、消費者にもっともわかりやすい形で、身体にとって有効的な水素の「見える化」を提供いたします。

WHSA認定マークの発行

水素の基準一定基準をクリアした、安心安全な水素製品として「WHSAマーク」を付与。
NAD試験によって数値化される水素反応個数の多さが、ATPの産出に大きく関わりがあります。
これは、酸化還元電位や溶存水素量とは違い、生体内で水素の働きがどれだけ働いているかを示した数値となります。

※WHSA会員様に「WHSAマーク」を付与いたします。

評価するデータ

提出を義務づけている最低限確認書類は、次の通り。

原料・製品 栄養成分分析試験、品質規格書、原産国証明書、安全性シート、体内水素ガス量、マウス試験、NAD+、DPPH測定、酸化還元電位など